WiMAX乗り換えの際の注意点!解約違約金に注意しましょう

WiMAX乗り換えの際の注意点!解約違約金に注意しましょう

WiMAXは、それぞれのプロバイダで異なる料金プランやサービス内容を提供しています。

そのため、現在あるプロバイダでWiMAXをしていたとしても、他の会社のサービスの方が良いということに気づいたら、乗り換えをする方が賢明なこともあります。

しかし、他社への乗り換えにはメリットだけでなく注意点もありますので、事前にその両方をきちんと考えておく必要があります。

乗り換えをする場合の注意点

まず、乗り換えをする場合の注意点です。

WiMAXの解約は、プロバイダにホームページなどで解約手続きをする他、郵送で解約申込書を送って解約をします。

ネットが使えなくなる期間を考慮

そのタイミングで次のプロバイダに申し込みをするのですが、このタイミングがずれると、ネットが使えない期間が生じます。

新規申し込みをしても、すぐに手続きが完了して通信用の端末が自宅に届くわけではないからです。

そのため、サービス開始の日数を計算に入れて、空白期間がないようにすることが大事です。

解約違約金

また、契約期間中だと解約違約金が発生するというのもポイントです。

ほとんどのプロバイダで、2年もしくは3年の縛り期間が経過しないと、1万円から2万円程度の高額の違約金を支払う必要が出てきます。

そのため、できれば契約期間が満了するタイミングで乗り換えをした方が安心です。プロバイダによっては、他社からの乗り換えをすると、その違約金を負担してくれるというキャンペーンをしているケースがあります。

しかし、一時的とは言え違約金を支払って、その後新しいプロバイダからキャッシュバックを受けるという形になることには注意しましょう。

また、クレジットカード払いでないと違約金負担がない、金額には上限があるなどの注意点も覚えておきましょう。

一方で、乗り換えをすることによって、より安い月額料金でWiMAXができる、最新のルーター端末をもらえるなどのメリットがあります。

上記のような注意点をクリアして上手に乗り換えをすれば、よりお得に、かつより良いサービスを受けられるようになるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です